紫外線の影響を受けやすい方の傾向

紫外線を浴びてしまうと気になるのが日焼けです。日焼けは肌にダメージを与えてしまい、しっかりとしたケアをしなければ、シミやそばかす、たるみなどの様々な肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。しかし、紫外線を浴びても日焼けをしない方とそうでない方というのがあります。肌質や遺伝などにより日焼けをしやすい方の傾向というものがあり、そのような方は特にケアを気を付けなければなりません。

 

そもそも日焼けとは
日焼けをしやすいということは、紫外線を浴びると肌が黒くなってしまう、というイメージがありますが、実際に日焼けをして肌に大きなダメージを受けている方というのは、肌が黒くならず真っ赤になり、白い肌を保ち続けている方なのです。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られます。このメラニン色素はシミなどの原因となりますが、同時に紫外線を遮断して、肌の内側にある細胞核を守る役割を担っています。紫外線を浴びてメラニン色素が作られるのはごく自然なことで、寧ろ肌を紫外線から守っている正常な身体の反応と言えます。

 

日焼けをしやすい方の傾向
以上のことから、紫外線を浴びて日焼けをしやすい方の傾向というものは、紫外線を浴びると肌が赤くなり、肌が黒くならない方、ということになります。

 

白い肌は紫外線をそのまま吸収してしまうため、肌に炎症が起こり、様々な肌トラブルを作り出してしまうのです。このため、色白の方は特に気を付けて紫外線対策をする必要があります。早い時期から積極的に紫外線対策をしていきましょう。