デリケートゾーンへのレーザー治療について

デリケートゾーンの黒ずみについて、自宅でのセルフケアには限界を感じることはないでしょうか。そういう場合は、美容皮膚科や美容クリニックに通うことになるかと思うのですが、こうした医療機関ではレーザー治療が主流となっているようです。

 

このレーザー治療によって、セルフケアでは難しい黒ずみの治療も出来る可能性が高まりますが、治療にもいくつかの種類があり、金額や身体への負担も違ってきます。

 

予め、どういったレーザー治療の種類があるのかを抑えておきましょう。レーザー治療というのは基本的に、皮膚の深い部分で黒ずみのもとになっているメラニン色素を破壊し、ターンオーバーによって体外に排出させるようにします。

 

長い間色素沈着しているとなかなか落ちないので、複数回の通院が必要になります。レーザー治療は一般的にメラニンだけに照射しますから、他の部分に負担をかけないというのもメリットです。

 

レーザー治療には、レーザートーニングとVホワイトニングレーザーの2種類があります。一般的な黒ずみ治療の場合は、レーザートーニング、そしてIラインの内側などデリケートゾーン全体の黒ずみが気になる場合はVホワイトニングレーザーを利用すると良いと言われています。

 

一般的な黒ずみの原因は、下着による摩擦や除毛の際のダメージなどによる色素沈着で、基本的に表面に見える黒ずみであり、Iラインの内側まで全体が黒ずむのは加齢によって角質が厚くなったこと原因と考えられます。

 

やはり範囲が違うので、レーザートーニングよりもVホワイトニングレーザーの方が治療費はずっと高くなります。医療用のローンが使えるケースもありますので、支払い方法についてはクリニックで良く案内を聞くようにすると良いでしょう。